本文へスキップ

腰痛を治すために必要なこと

鍼灸いちご治療院 TEL.03-5876-8989

〒133-0051 東京都江戸川区北小岩6-35-19


  • はてなブックマークに追加
  • 子供の腰痛・腰椎分離症
少年期の腰の痛み

腰椎分離症・分離すべり症

腰椎分離すべり症模式図
腰椎分離症・分離すべり症の症状、原因、構造、治療について説明しています。

この疾患は学童期から青年期に発症しやすい特徴があります。


以下の項目で構成されています。

このページの情報があなたの、そしてあなたのお子さんの腰痛対策の一助になれば幸いです。

腰椎分離症・分離すべり症の原因と構造

腰椎分離症は、背骨の椎弓(ついきゅう)という部分に疲労骨折が起こることで発症します。第5腰椎に最も発生します。

腰椎分離症の発症確率

腰椎分離症模式図、水平断面
日本人のおよそ6%に存在すると言われていて、男性で8%、女性では4%の割合です。

学童期から青年期のスポーツ競技者に好発します。スポーツをする子供と、スポーツをしない子供では発症率に3〜4倍の差がみられます。


プロ野球選手やプロサッカー選手では30%に腰椎分離症や分離すべり症が存在すると言われ、スポーツでのオーバーユースが発症に大きく関係しています。



症状

病期は【初期】、【進行期】、【終末期】に分けられ、初期から進行期においては疲労骨折による痛みです。

終末期の痛みは、隣接する椎間関節(ついかんかんせつ)に負荷がかかることによる椎間関節炎による痛みとなります。

腰椎分離症の特異的疼痛
症状進行期には腰を反らせると狭いエリアに限局した痛みが現れます。

腰を反らせつつ、体を横に倒す側屈を加えると正確に痛みを再現できます。

背骨を体表から触れる部分を棘突起(きょくとっき)と呼びますが、脊椎分離症では棘突起を上から順番に押していくと、疲労骨折を起こしている棘突起のみに限局した痛みが現れます。



予後の違い



早期発見・早期治療の重要性


脊椎分離症は早期発見・早期治療が極めて重要です。

癒合までの期間


  • 初期の段階で治療開始した場合およそ3か月で分離部が癒合します。
  • 進行期はこれが倍の期間必要になり、約6か月で分離部が癒合します。
  • 終末期では、治療しても分離部が癒合する確率は0%です。

これらのことが、いかに早期発見・早期治療が大切かを示しています。

治療は整形外科での治療となり、痛みが強い場合には一般的には非ステロイド抗炎症薬が処方されます。

また、分離部を癒合させるためにはコルセット装着は必須です。下部胸椎から臀部にまで及ぶ【硬性コルセット】が必要です。

癒合するまでの期間は、硬性コルセット装着、スポーツは完全中止となります。
終末期に発見された場合には分離部が癒合する確率は0%ですから、腰椎の安定性獲得が重要になります


腰椎の安定性については脊椎不安定症のページで解説しています。



分離すべりに移行する男女差

腰椎分離すべり症の模式図
終末期の脊椎分離症は分離部が偽関節という状態になります。

腰椎が分離した状態が完成してしまうと、約75〜80%の高確率で【腰椎分離すべり症】に移行します。

男性では約65%の移行率ですが、女性では90%以上の割合で腰椎分離すべり症に移行してしまいます。



また女性の場合、腰椎の重なりが無くなってしまうほどの高度のすべり症となるくらい重症化する恐れがあります。

さらに注意が必要なことは手術となった場合、女性では椎弓という部分が構造的に薄いため、内視鏡を用いた侵襲性の低い術式を採用できない場合が少なくないようです。



発症年齢による予後の違い

この疾患は分離を発生させる時期により予後が大きく違う特徴があります。
12歳までの学童期に分離を発生させてしまうと、80%の確率で12〜18歳までに【腰椎分離すべり症】に移行してしまいます。

これが分離の発生が12〜16歳であった場合、その後に【腰椎分離すべり症】に移行する確率は約10%に一気に低下します。

また15歳以上での分離の発生では、その後の【腰椎分離すべり症】に移行する
確率は殆ど0%となります。

つまり、小学生の時期の高負荷のスポーツには十分な注意が必要です。

スポーツ用品・各種
あなたがスポーツに熱心に取り組むお子さんをお持ちでしたら、お子さんの腰痛を訴えるサインに敏感である事をお勧めします。

成人後、分離症が原因で椎間関節性腰痛を起こすことがあります。



腰椎分離症・分離すべり症 / まとめ


少年期の腰椎分離症・分離すべり症の治療では、私の出る幕はありません。整形外科での治療がメインになります。

成人期以降の状態が固定したものについては、症状を軽減させる手段があります。御相談ください。基本的な治療法は
腰椎変性すべり症と同様になります。




あなたをサポートします
鍼灸いちご治療院
東京都江戸川区北小岩6-35-19
03-5876-8989


↑ クリックで治療院案内へ


  • はてなブックマークに追加
  • 腰椎分離症・すべり症の原因と治療法

ページトップへ戻る
  

バナースペース

Link collection

site map


関連情報










サイト運営者
鍼灸いちご治療院
鍼灸いちご治療院

〒133-0051
東京都江戸川区北小岩6-35-19
TEL 03-5876-8989