本文へスキップ

腰痛を治すために必要なこと

鍼灸いちご治療院 TEL.03-5876-8989

〒133-0051 東京都江戸川区北小岩6-35-19


  • はてなブックマークに追加
  • あなたの腰痛の原因はつきとめられる
   
なぜ病院では腰痛が治らないのか?

腰痛で病院に行く前に

病院内の様子あなたは原因不明の腰の痛みで悩んでいるのではありませんか?
病院での治療では治っていないのではありませんか?

腰痛で病院に行く前に、知っておきたい大切なことがあります。


このページの情報が、あなたの腰の問題の解決の糸口になるかもしれません。

このページは以下の項目で構成しています

なぜ病院では、腰痛がなかなか治らないのか?

MRI画像診断装置あなたはこのページにたどり着く前に、自分の腰の痛みの原因を知ろうと病院などでX線、CT、MRIなどの画像検査を受けたのではないでしょうか?

中にはそれに加え血液検査を受けた方もいるかもしれませんね。

それで腰の痛みの問題が突き止められましたか?

殆どの方は、それらの検査手法では腰の痛みの原因がはっきり分からなかったはずです。原因がつかめないために、いくつもの病院を渡り歩いているのではないでしょうか?

病院で腰の問題が判別しなかったり、なかなか症状が改善しない理由を説明します。腰痛で病院に行く前に、知っておきたい大切なことを下記の項目で解説しています。

腰痛を分類するカテゴリー

腰の痛みを分類する時に【特異的腰痛】と【非特異的腰痛】と呼ばれるカテゴリーに分類することがあります。

【特異的腰痛】とは画像検査や血液検査などによって、腰の痛みの原因を突き止める事ができるものを指します。例えば、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症、腰椎変性すべり症などがこれに当たります。

【非特異的腰痛】とは各種検査機器をもってしても、その腰の痛みの原因がつかめないものを指します。

ここで問題となるのが、【特異的腰痛】と【非特異的腰痛】の割合です。

病院などでの検査機器を用いた診察で、その原因を特定できる【特異的腰痛】の割合は僅か15%に過ぎないという事実です。

これら高度先進機器であっても、
85%の高確率で原因がつかめない現実があり、それらの腰の痛みは【非特異的腰痛】という分類に含まれることになります。

腰の問題を発見できない理由

病院の待合室なぜ病院では、腰の問題を発見できないのか?その理由は2つあり、1つは現在の保険制度にあります。

整形外科には患者さんが溢れています。大病院ともなりますと【3時間待っての3分診療】が常態化しています。

病院は多くのスタッフを抱えているために、現行保険制度下では短時間で多くの患者さんを捌かなければ経営が成り立たないためです。結果、十分な問診ができず、画像検査と血液検査のデータに頼った診断をくだすことになります。

そしてもう1つの理由は、腰の痛みの原因が多くの場合には構造的な問題ではなく、筋肉や靭帯、筋膜などの軟部組織の機能不全に起因しているためです。

レントゲン写真【関節が破壊されている】、【椎間板が飛び出ている】という構造的な問題ならば、原因を容易に画像上で捕らえることが出来ます。

しかし、機能的問題を画像から捉えることは困難を極めます。


機能的な問題で生じている腰の痛みは、十分な問診と徒手検査を行わなければ原因を探し当てるのが難しいのです。ところが現在の保険制度下では、医師は患者さん1人に十分な問診時間などをとることが出来ず、結果的に画像検査のみで診断することになります。

これら2つの理由によって、原因がつかめる特異的腰痛が僅か15%という事になり、85%もの殆どの腰の痛みは原因がつかめず非特異的腰痛に分類されてしまいます。
ここまでの説明で、病院では腰の痛みの原因が分からなかった理由をご理解頂けたでしょうか。腰痛で病院に行く前に、次の項目も一読してみてください。

見えない腰痛 / 病院での対応

整形外科などの近代西洋医学では健康を害している状態にある時、画像検査や血液検査などでその要因を探ります。

例えば…
「椎間板の髄核が飛び出して神経根を障害しているのが画像上確認できる。よって、あなたの腰痛は椎間板ヘルニアによるものです。」とか…

「MRIで確認すると、背骨が変形して脊髄を通す管である脊柱管が狭くなっている。脊柱管狭窄症が腰痛の原因です。」

…というようにです。このように画像検査他、血液検査などで原因を突き止められる腰痛は15%に過ぎません。そのために85%以上が原因不明の腰痛ということになってしまいます。

多くの場合、画像検査に代表される各種検査法でも異常が発見できず…
「骨には異常がありません。加齢によるものでしょう。」
というような答えが返ってきます。


多くの患者さんは整形外科などでこの様な回答を受け、釈然としないまま処方されたパップ剤と鎮痛薬で原因不明の腰痛をやり過ごす事になります。

なぜ整形外科ではパップ剤と鎮痛剤なのか?

背骨が変形して脊柱管が狭くなった脊柱管狭窄症などは症状が重篤である場合、椎弓切除術などの手術で物理的に脊柱管を広げるしか根本的な解決手段はありません。

整形外科のお医者さんはこの様な場合、とても強みを発揮します。私のような保存療法の立場にいる者は手も足も出ず、脱帽するしかありません。

しかし、こと腰痛に限るならば、原因が特定でき手術や投薬によって解決できる腰痛は15%に過ぎません。

85%以上のほとんどの原因不明の腰痛は構造上の問題によるものではなく、機能上の問題により発症していると言い換えることができます。

機能上の問題は当然、画像検査でも血液検査でも発見できません。

整形外科のお医者さんは画像検査などで原因が特定できる【特異的腰痛】には強いですが、原因が特定できない【非特異的腰痛】を苦手としています。

つまり、
お医者さんは原因不明の腰痛とされる【非特異的腰痛】に対する治療手段を持っていないのです。

そのために病院内では電気治療器、牽引治療、ホットパックという当たり障りのない治療となり、時にブロック注射が行われたり、パップ剤(湿布薬)と鎮痛薬を処方されるということになります。

また、整形外科のお医者さんは、次から次に訪れる患者さんを短時間でこなさなければなりません。

そのために一人一人の患者さんの話を十分に聞くことができず、短時間で原因が突き止められない腰痛を【非特異的腰痛】と一括りにして棚上げしている、という側面もあります。

腰痛で病院に行く前に / まとめ

腰痛は構造・機能上の問題や、その人が置かれている社会的立場、体型、年齢、性別などが複雑に絡み合い、原因を特定するのが困難な側面があります。

病院での画像検査で原因が分からなかったからといって、あきらめる必要はありません。

このサイトでは、整形外科などで原因がつかみにくい、いわゆる『見えない腰痛』である、非特異的腰痛の原因を探るルートをいくつも用意しています。

腰痛で病院に行く前に、ページトップのメニューからサイト内を回遊してみてください。あなたの腰の痛を解決する手がかりが見つかるはずです。
あなたをサポートします
鍼灸いちご治療院
東京都江戸川区北小岩6-35-19
03-5876-8989
↑ クリックで治療院案内へ
  • はてなブックマークに追加
  • 原因不明の腰痛について
  

バナースペース

関連情報

サイト運営者
鍼灸いちご治療院
鍼灸いちご治療院

〒133-0051
東京都江戸川区北小岩6-35-19
TEL 03-5876-8989