本文へスキップ

腰痛を治すために必要なこと

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5876-8989

〒133-0051 東京都江戸川区北小岩6-35-19


  • はてなブックマークに追加
  • 東京で腰痛を治療するなら、鍼灸いちご治療院にご相談ください
鍼灸いちご治療院

東京で腰痛治療をお探しなら

東京や東京近郊で腰痛にお困りでしたら、いちご治療院にご相談ください。

腰痛は、その原因がはっきりしないまま治療を受けても、改善するのは困難です。腰の痛みを治すためには、その原因に合わせたアプローチが必要です。

八幡太郎
はじめまして、いちご治療院・院長の八幡太郎(はちまん たろう)です。

私は、他に類を見ない【しっかり効かせる治療】で、治すことに特化した治療を行っています。

リラクゼーションでの治療をお考えの方には申し訳ありませんが、慰安的な治療は行っていません。
腰を治すには、一時しのぎのリラクゼーションではなく、その方に合わせた3つのステップが必要です。


私は、腰を治すためのノウハウと職人としての技を持っています。そのことを、私が運営するサイト
腰痛の専門情報をご覧になり、あなたご自身の目と感性でご確認ください。

あなたが今までに経験したことがない、特別な治療法をご用意してお待ちしています。


鍼灸いちご治療院
八幡 太郎 (はちまん たろう)

当院の特徴

治療の違い

治療には、性格が異なる2つの手法があります。
一方が優れ、一方が劣るという事ではありません。
それぞれ得意分野が違い、カバーしている領域が異なるのです。

あなたの腰痛が
【優しい治療】を受け続けても治っていないのなら、あなたの体には【しっかり効かせる治療】が必要なのかもしれません。

私のアプローチ法では標準的な治療でも約60本の鍼を使用し、多いときでは200本以上の鍼を1回の施術で消費します。

時にはインナーマッスルにまで届かせます。しっかり効いているのが実感できる治療です。

鍼は一般的に鎮痛を目的にした治療法と認知されていますが、私の手法は一時的な鎮痛を目的としているアプローチ法ではありません。

身体の作り変えを図り、痛みを発症する以前の柔軟でニュートラルな身体を取り戻す、本気で取り組む治療法です。


腰痛改善の鍼灸のページでしっかり効かせる治療優しい治療の違いや、それぞれが得意とする疾患の解説をしています。

腰のバイオメカニクス

腰の痛みの原因は様々で、腰痛のタイプ別に治療でアプローチするポイントにも違いがあります。

AさんとBさんが同じように腰の痛みを訴えても、原因が同じであるとは限らず、そうなると当然治療法にも異なったアプローチが必要になります。

何故そのような違いが生じるのか?

この項目ではバイオメカニクスの視点で、腰痛発症の原因が異なる理由を解説します。

テンセグリティ構造体としての身体

バランスがとれたテンセグリティ構造体人体は、生体力学上テンセグリティ構造体と呼ばれる形状に相当します。

右の模型を人体に当てはめると骨格が木、筋肉がゴムにあたります。このようにバランスがとれているのが理想的です。
バランスが崩れたテンセグリティ構造体

ところが意図的に数か所ゴムを短縮させると、一気にバランスが崩れてしまい、元の形状を維持することが困難になります。

ゴムの張力に偏りがある状態を人体に当てはめると、部分的に筋肉が短縮し、痛みが起きやすい状態であると言えます。


テンセグリティ構造体である、人体の筋肉や骨格のバランスが崩れた具体例な状態とは、腰椎前弯姿勢や、フラットバック姿勢が代表的なものとして挙げられます。

反り腰はなぜ起きるのか?

腰椎前弯姿勢大腰筋と呼ばれるインナーマッスルや背筋群が短縮傾向にあると、骨盤は前方に回旋します。

骨盤の前方回旋に伴い、腰椎の前方への弯曲が増強し、腰椎前弯姿勢となります。

このような状態にあると、背骨の後ろ側に存在する椎間関節と呼ばれる関節に過剰な負荷が掛かり、椎間関節性腰痛を発症しやすくなります。



腰椎前弯姿勢がいわゆる反り腰にあたり、腰痛を発症しやすい素地となります。しかし、弯曲が浅ければ良いのかというと、そうとも言えない側面があります。次項で解説するフラットバック姿勢の問題があるためです。

フラットバック姿勢の弊害

腰椎前彎とフラットバックの比較骨盤が起き上がり、腰椎前方への弯曲が減少したフラットバックと呼ばれる姿勢があります。

フラットバック姿勢は@太もも裏面とA腹部の筋肉が短縮し、B背中の背筋群とD太もも前面の筋肉に力が足りないと起きやすくなります。

前項で紹介した腰椎前弯姿勢とは、筋肉のバランスの崩れが全く正反対の状態となっています。

フラットバックで腰椎前方への弯曲が減少した状態では、椎間板に対する負担が大きくなり、椎間板症や椎間板ヘルニアを発症しやすくなります。

腰椎4番、5番といった下部腰椎に問題が起こりやすいのは、構造的な要因によるところが少なくはなく、破綻しやすくなるバイオメカニクス上の理由が存在します。
バランスが崩れた腰の状態を、バイオメカニクスの観点から比較しましたが、比較の対象として挙げた、腰椎前弯姿勢やフラットバック姿勢はバランスが崩れた状態のほんの一例でしかありません。

つまり、個々人で年齢、性別、職業、体型など、腰に対する負担のかかり方が全く違うため、腰痛治療においてもその原因に合わせたオーダーメイド性が必要になります。

腰痛を治すために必要な3つのこと

迷っている女性東京には腰痛治療を得意とする治療院がいくつも存在します。

アプローチ法は千差万別で、どの手法を選択すれば腰を治すことが出来るのか、迷ってしまうのではないでしょうか?


腰の痛みという結果をもたらしているのは、原因があるからです。
そして、その原因は個々人で大きく異なります。

つまり、画一的な方法では腰を治すのは困難であり、個々人に合わせたオーダーメイドなプログラムが必要になるということです。

腰痛を改善する3つのステップ

腰痛改善3ステップ私のアプローチ法が他院に比べ、腰の治療で優位性を持っているとしたら、この点です。

具体的には3つのステップで、私の治療は構成されています。その方の腰の状態に合わせた、治すためのプログラムです。
ステップ1
まず目の前に存在する痛みへの対応に重きを置きます。筋肉や神経の緊張度を低下させ、痛みを抑制する手法をとります。


ステップ2
痛みを軽減する治療を継続することで、当初10あった痛みを2〜3程度に低下させ、ニュートラルな状態に戻します。この段階で個別のタイプ別治療に移行します。


ステップ3
そして、腰痛からの離脱の段階です。体がバランスを崩してしまう原因である筋力の不均衡を、トレーニングプログラムを実践することで、腰痛発症以前の状態に改善します。
それぞれのステップの解説

ステップ 1

主に表層から中間層の筋肉と神経の過緊張を低下させます。
細く短い鍼
この段階では、細く短い鍼を最低でも60本という単位で使用します。

極めて多くの鍼を使用することで、過緊張が生じているエリアを密度高く、きめ細かくカバーすることが可能になります。

鍼治療を受けた経験がない方もご安心ください。使用する鍼は、髪の毛と大差ない細さで、痛みを感じることは殆どありません。

ステップ 2

この段階で、個人ごとに違うタイプ別の腰痛治療に移行します。腰から離れた部位や、インナーマッスルにアプローチします。
表層・中間層の筋肉図
肉体年齢が若い方では、ステップ1の段階で表層・中間層の筋肉と神経の過緊張が低下することに伴い、インナーマッスルの問題も改善してしまうことが多くみられます。
その場合、ステップ2を省略することが可能になるため、治療期間が大幅に短縮されます。

ただし、高齢の方では筋肉の短縮・硬化が長期間に及んでいることに加え、肉体年齢が若い方と比較して、治療に対する反応性が低下しているため、ステップ2を省略するのは難しいと思います。

ステップ 3

いよいよ腰痛からの離脱を図る段階です。

腰痛発症の根底には、前項目【腰のバイオメカニクス】で解説したアライメント不正=姿勢の崩れが存在します。

腰椎前弯姿勢やフラットバック姿勢に代表される姿勢の崩れが、椎間板、椎間関節、仙腸関節といった部分に負担をかけ腰痛を発症しています。

この問題を解決しないと、一時的によくなっても再び痛みに襲われることになってしまいます。
トレーニングプログラムイメージ画像
つまり、腰痛からの離脱を図るためにも、再発を防ぐためにも、椎間板、椎間関節、仙腸関節などに負担をかけている要因を改善する必要があります。

具体的には、不良姿勢を改善する方策が必要になります。

そのため、当院ではトレーニングプログラムを作成し、実践をお願いしています。
【腰のバイオメカニクス】の項目でも解説しましたが、腰痛の原因は人それぞれ異なります。

その方の腰の病期、病態、原因を考慮した、個別のアプローチが必要であると私は考えています。
腰の痛みの原因は多岐に及びます。どこへ行っても治らなかった腰痛に対し、オーソドックスで画一的な方法では、腰の状態を改善するのは困難です。

個々人に合わせたオーダーメイドなプログラムが必要です。

なぜ【しっかり効かせる治療】が必要なのか?

人間の身体は日々劣化していきます。同一姿勢を強いられる仕事や、ストレスにより発生し続ける活性酸素などで、身体は錆びて劣化していきます。

循環不全と不良姿勢

椎間板ヘルニア模式図劣化の解かりやすい例として腰椎椎間板ヘルニアや腰部椎間板症が挙げられます。

腰椎と腰椎に挟まれている椎間板は、二十歳を過ぎると徐々に水分含有量が減少します。

含水率が低下した椎間板線維輪は脆く崩れやすくなります。


このタイプの腰痛を治していくためには、血液を含めた体液の循環不全を正常化する必要があります。そのため、椎間板周囲の靭帯や筋肉などの軟部組織の柔軟性を改善し、体液が循環しやすい状況を構築することが鍵となります。
不良姿勢の模式図
腰椎変性すべり症、椎間関節性腰痛、椎間板ヘルニアなどなど、腰の痛みを引き起こす疾患は数多くあります。

それらの疾患が発症する大元の原因は、筋肉や靭帯といった軟部組織の不均衡な緊張にあります。

その結果として腰椎前弯姿勢、フラットバック姿勢、側彎などの不良姿勢を招き、腰にかかる負担が過剰なものとなっています。



つまり、血液を含む体液の循環不全・不良姿勢を改善するためにも、筋肉や靭帯といった軟部組織へのアプローチが不可欠であると言えます。

軟部組織の過緊張を開放し、柔軟でニュートラルな腰を取り戻すことで、治していくための道筋をつける必要があります

私がしっかり効かせる治療を採用している理由

電気治療器数年〜十数年といった不良姿勢の継続の結果出来上がった腰痛や、仕事で同一姿勢をとり続けた結果としての腰痛、どこに行っても治らなかった体の不調…

これらを電気治療器と僅かばかりのマッサージで治していくのは現実的には困難です。

電気治療器やマッサージが無意味であると言っている訳ではありません。
軽度の腰の痛みにはそれらでも十分対応可能です。

しかし、長期間の循環不全にある筋肉や靭帯といった軟部組織に対しては、組織が劣化し硬化・短縮するスピードに、これらの手法では治療の刺激量が追い付かないのです。

機能低下のスピードを上回る治療つまり、どこへ行っても治らなかった腰痛を治すためには、体が劣化するスピードを上回る力で治療する必要があるのです。

東京に数多く存在する治療院の中でも、類を見ないほど極めて多い鍼数で治療しているのはそのためです。


鍼を刺すという行為は、体にとっては微細な傷を付けるということです。
微細な傷を沢山つけると、身体は大きな怪我をしたのだと認識します。

その結果、身体は鍼を刺した部位に大量の血液を送り、体温を上昇させると同時に白血球の働きが活発になります。

そのことにより身体の組織が作り変わり、腰痛発症以前のニュートラルな状態に戻ります。

あなたが【優しい治療】で治ってこなかったのは、身体が劣化するスピードに治療の力が追い付かず、治療の刺激量が足りなかったのです。
いちご治療院外観東京及び東京近郊で腰痛にお困りでしたら、私にご相談ください。




あなたをサポートします
鍼灸いちご治療院
東京都江戸川区北小岩 6-35-19
03−5876−8989



ページトップへ戻る

バナースペース

腰痛関連情報のご案内
サイト運営者

鍼灸いちご治療院鍼灸いちご治療院

〒133-0051
東京都江戸川区北小岩6-35-19
TEL 03-5876-8989