本文へスキップ

腰痛を治すために必要なこと

鍼灸いちご治療院 TEL.03-5876-8989

〒133-0051 東京都江戸川区北小岩6-35-19


  • はてなブックマークに追加
  • 骨盤が痛む仙腸関節性腰痛
骨盤うしろの鋭い痛み

仙腸関節性腰痛

仙腸関節解剖図仙腸関節性腰痛の症状、原因、治療、構造などについて解説しています。

この腰痛は、ぎっくり腰に一番多く見られる原因でもあり、産後の腰痛や長引く原因不明の腰の痛みの一因でもあります。
この疾患は、CTやMRIなどの画像検査では異常が発見出来ない機能性の腰痛で、【見えない腰痛】の代表的なものです。

この腰痛を治すためのポイントは、仙腸関節の可動性の正常化にあります。仙腸関節ブロック注射で一時的に痛みを抑えることは可能ですが、根本的には関節の機能を正常化する必要があります。

仙腸関節性腰痛を治すために知っておきたいこと

腰痛の男性

腰痛解消グッズ BEST10

コストパフォーマンスに優れた
効果的な腰痛解消グッズ
BEST 10を紹介しています。

腰痛解消グッズ

 仙腸関節とは?

一般に聞き慣れない【仙腸関節】とは、そもそもどんな関節なのでしょう。
下の図は骨盤を後ろから見た解剖図です。
仙腸関節解剖図背骨を骨盤で受け止める【仙骨】と、一般 に 腰骨とか骨盤と呼ばれる【腸骨】とで成 り立 っている関節です。

関節を包む膜を持ち、滑液という潤滑油の役割をする液体が確認できます。
この関節はわずかに可動性を持っている関節です。肩や膝、肘の関節のように大きく動くことはできず、可動範囲は0.5~2ミリ程のわずかなもので、半関節に分類されます。歩行するときや座る動作の時に可動します。
仙腸関節の靭帯上半身からの荷重を支えるため、靭帯が発達しています。

関節の前面には前仙腸関節靭帯、後面に後仙腸関節靭帯、長後仙腸靭帯、下方から関節を固定する仙結節靭帯、そして関節面を繋ぐ骨間靭帯は人体で最も強い靭帯といわれています。
関節面の形状は個人差が大きく、荷重を支え伝達する役割をもつことから、他の関節に比べ関節面の摩擦係数が大きい特徴があります。

この関節を含む骨盤後面の領域は、第4腰椎〜第3仙椎後枝の外側枝という神経の支配領域で、他の腰痛の神経支配領域とその多くが重なるため診断を
難しくします。

また、この関節を能動的に動かすための筋肉がなく、腰に関わる様々な筋肉が収縮することで受動的に動いている関節であるために機能不全を起こすと治りにくい特性があります。
ページトップへ戻る

特徴的な症状

仙腸関節性腰痛の患者さんは疼痛域がはっきりしていて、【指さし検査】を行うと患者さんは何度でも同じ疼痛部位をピンポイントで指示します。まずこれがこの腰痛の特徴の一つです。

特徴的な疼痛域

仙腸関節性腰痛疼痛域仙腸関節性腰痛は症状が現れる特徴的な疼痛域があります。

仙腸関節に問題があると、左図の領域に鋭い痛みがあります。
痛む部位を何度でも同じように、人差し指で指し示せるようでしたら、この腰痛である可能性を否定できません。

ただ、これだけで仙腸関節性腰痛と断定できないのが、副次的に生じてくる放散痛というものがあるためです。

放散痛について

放散痛はL5・S1椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症の馬尾障害や神経根障害、血管性障害、糖尿病性神経障害などと発症領域が似通い、また被るために判断を難しくします。
仙腸関節性腰痛の放散痛領域この疾患では、右図のエリアに放散痛が見られることがあります。

@の領域に約20%の人に放散痛がみられます
Aの領域では約30%
Bの領域では約10%
Cの領域では約25%
上記であげた太腿後面の領域が腰部椎間板ヘルニアでの症状の好発部位と似通った部位であるために誤った判断をされることがあります。

また、放散痛領域@と共通疼痛域は中心性ヘルニアにみられる疼痛発症部位で、このことも椎間板ヘルニアとの鑑別を難しくします。

慢性的に腰痛をお持ちの方ですと、椎間板ヘルニアとのダブルクラッシュ状態にある方も少なくありません。

そのような場合、椎間板ヘルニアの手術をしても疼痛症状が残り、病院や治療院巡りをすることになってしまう事になりかねません。

痛みの特徴

侵害受容器図腰の痛みの特徴は鋭い刺されるような痛みで、疲労性の腰痛のような重い鈍痛とは明確に違います。

これは、仙腸関節には二十数個の侵害受容器と呼ばれるセンサーが発達しているためです。

そして、ぎっくり腰のような疼痛発作時は座位で痛みが誘発され易くなります。骨盤下面の坐骨が固定されてしまうため、ただでさえ負荷がかかっている関節に更なる負荷を強いるためです。

また、疼痛発作時の患者さんの多くが仰向け寝がつらく、横向き寝が比較的に楽である特徴もあります。
仙腸関節性腰痛では、好発年齢はなく全年齢層に広く起こりうる腰痛です。全腰痛患者のうち、およそ10%がこの腰痛であるといわれています。

ここまでに挙げた症状が当てはまらない場合、他の疾患である可能性があります。
ページトップへ戻る

発症に至るメカニカルな問題

仙腸関節は体の前屈などの動きや、歩行時に可動する関節です。この項目では、日常の中に潜む原因や、仙腸関節の機能的な特徴などを解説します。

日常に潜む原因

骨盤の動き図前屈時には体を前に倒すと、腰椎もそれに合わせ前に倒れていきます。

腰椎に続く仙骨も回転軸を中心に骨盤と反対方向に動き、仙骨下部は起き上がろうとします。
この時、左右両翼の腸骨には相対的に後方に回転しようとする力が働きます。 つまり相反する力が仙腸関節面にかかってきます。

あなたが体を前屈させている時に、後ろを振り向くような腰をひねる動きをすると、ただでさえ負荷がかかっている関節に更なる負荷を強いることになります。

そして許容度を超えると、ぎっくり腰や仙腸関節性腰痛を起こします。

座位との関係

デスクワークで腰痛を起こした男性座位の場合、座面で坐骨を固定しているので、その関節面には強度に負荷がかかっています。

そのため、デスクワークの時間が長い人などはリスクが高くなります。

仙腸関節にまつわる関連情報

  • 見えない腰痛:仙腸関節の機能的特徴を生体力学の視点で、解剖学的構造について詳しく解説しています。
  • 骨盤のゆがみ:仙腸関節を含む骨盤帯全体の構造や機能、生体力学上の骨盤に負担が掛かる理由などを解説しています。
  • 腰痛と椅子:腰痛と座る事との関係、なぜ椅子に座る事が仙腸関節の負担となるのか、どのような事をすれば座ることのリスクを軽減できるのかを解説しています。
  • 仙腸関節のセルフケア:仙腸関節のセルフケア法を紹介しています。紹介する方法で、1ミリたりとも症状が改善しない場合、あなたの腰痛は仙腸関節が原因ではない可能性もあり、他の原因を探る必要もあります。
  • 骨盤の奥の腰痛 / 仙骨前面の痛み:仙腸関節の問題とは質を異にしますが、仙骨前面に問題があるために骨盤の奥深くに痛みが起きることがあります。
仙腸関節の関節面の平滑性は個人差が大きいため、いくらリスクが高い動きや座り方をしても仙腸関節性腰痛にならない人や、ごく僅かな負荷がかかっただけで腰痛を訴える人が存在するという違いが生じます。
ページトップへ戻る

改善するために必要な3つの治療ポイント

仙腸関節性腰痛・ぎっくり腰を治すために必要な3つの治療ポイントがあります。少し長めの説明になりますが、治したい方はもらさず読まれることをお勧めします。治すためには何をすれば良いのか理解できると思います。

仙腸関節ブロック注射で一時的に痛みを抑えることも出来ますが、
発症の原因には仙腸関節の可動性の問題が存在するため、根本的な問題解決には関節の機能を正常化する必要があります。

仙腸関節の可動性を正常化するためには何が必要なのか?この先の項目で解説しています。

治療ポイント1 / 筋肉

腰の筋肉解剖図ぎっくり腰、産後の腰痛、長引く腰痛を治していくには、骨格だけでなく筋肉などの軟部組織にもアプローチする必要があります。
仙腸関節は靭帯群で強固に保護され、更に腰回りの筋肉群が支えています。
腰回りの筋肉群は体格の大きな方では、深いところで8〜9センチの厚さになる部位もあります。

仙腸関節が能動的に動かせる関節ではなく、受動的に動く関節である特性をもつために治療には筋肉・靭帯へのアプローチも不可欠です。

かと言って、漫然と電気治療器をかけたりマッサージしているだけでは残念ながら治ることはありません。これらが有効なのは筋肉の浅層に問題が生じた疲労性腰痛のときです。

この腰痛は、体格の良い方で8〜9センチ、痩せている方でも5〜6センチのにもなる筋肉層の最深部のインナーマッスルにまで治療効果をもたらさなければなりません。

治療ポイント2 / 関節

筋肉には【関節静的反射】というものがあり、関節が本来の可動性を失いあそびがなくなると過緊張をおこします。
仙腸関節性腰痛の放散痛領域この過緊張状態が継続すると筋肉の中には、トリガーポイントと呼ばれる痛覚過敏な部分や硬結・筋張りが生じてきます。

このトリガーポイントや筋肉の硬結・筋張りが【特徴的な症状】のところで触れた放散痛の本態であり、仙腸関節性腰痛の二次的な問題です。
関節静的反射により筋肉が硬く締まってしまうと、仙腸関節の特性である【受動的に動く】という性質が問題になります。

それは、関節が本来あるべき位置からずれた位置にあっても自力で戻ることができず、硬く締まった筋肉が悪い方向に引っ張ったままの状態が維持されてしまうからです。

この反応があるために骨盤を矯正して一時的に良くなっても、硬く硬縮した筋肉が再び元の悪い状態に引き戻してしまうのです。
ロックされている様子ここが治療を難しくしているポイントです。
仙腸関節性腰痛は言わば関節が望ましくない位置でロックしているようなものですから、何かしらの矯正手段で関節を健全に働けるように回復させなければなりません。
しかし、関節の矯正だけでは関節静的反射で筋肉は硬縮したままですから、引き戻されてしまう。

筋肉に治療の主眼を置くと一時的に筋肉は緩みますが、関節には手を付けてないわけですから、当然すぐに痛みが戻ってきます。

つまり、
『仙腸関節の働きを正常化し、インナーマッスルまでを含めた筋肉にも同時にアプローチする必要がある。』ということです。

治療ポイント3 / 靭帯

この関節は人体で最も強いと言われる骨間靭帯を持ち、更に二重三重に沢山の靭帯群で補強されています。
仙腸関節の靭帯
関節が本来のあるべき位置に収まっていないと、その関節に関わる靭帯のうち、ある靭帯は病的に伸びてしまい、ある靭帯は病的に縮んでしまうという事が起こってきます。

状態が悪いと癒着すら起きてしまいます。


ぎっくり腰、産後の腰痛、原因不明と思っていた腰の痛み、これら仙腸関節が原因の腰痛は早期に的確な間違いのない治療を開始したのであれば、靭帯の変性まで起こさずに済みますが、治療時機を逸すると靭帯の変性を招き難治性の腰痛に病態が変わりかねません。

私の治療経験上、発症から三日、一週間と時間が経過するほどに当該靭帯が締まってくる感覚を得ます。ぎっくり腰の発症当日に治療をした場合など、治療開始前の激痛が嘘のように軽快します。

靭帯は強固に関節を固定しています。関節にずれが生じたら、ずれたなりに固まってしまいます。そのため、靭帯も治療対象とする必要があるのです。

ポイントB、仙腸関節性腰痛では靭帯も治療対象である。

実際の治療の様子

仙腸関節性腰痛に対する鍼での実際のアプローチの標準的な流れは、以下のようなものになります。
腰仙靭帯、仙結節靭帯に対する治療最初に腰部の多裂筋エリアに、密度高く多数の鍼を打っていきます。このエリアには深部に腰仙靭帯と呼ばれる、腰椎と仙骨を繋ぐ靭帯が存在するため、治療のキモになります。

腰仙靭帯にかかる負荷を低下する必要があります。
そして、仙骨の動きに関わる靭帯である、仙結節靭帯にしっかりと鍼を効かせます。こちらには60〜75ミリの長さの鍼が必要で、仙結節靭帯だけでなく臀部の筋肉群の深部にも効果を及ぼします。
大腿裏面の筋肉群に対する治療次に関連痛領域である大腿裏面の筋肉群(ハムストリングス) が治療対象となります。

この大腿裏面の筋肉群が緊張すると、骨盤の坐骨を介して仙結節靭帯に過緊張をもたらしてしまいます。十分に緩める必要があります。
大腿裏面のハムストリングス、具体的には半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋といった筋肉の緊張が低下すると、仙結節靭帯にかかる負荷を低下することになり、仙骨の動きが正常化しやすくなります。
中臀筋、梨状筋、双子筋に対する治療最後に臀部の中臀筋、梨状筋、上下双子筋といった筋群が治療対象となります。この中でも梨状筋は仙骨裏面に付着しているため、大切な治療ポイントです。また、中臀筋、双子筋は太腿の大腿骨を介して二次的に骨盤帯に影響を及ぼすため、治療対象となります。
ここまでのアプローチが鍼での標準的な治療になりますが、仙腸関節が機能障害を起こすに至った経緯は千差万別であるため、状況により治療ポイントに違いが生まれます。

SOTブロックによる追加的アプローチ

仙腸関節障害は、言ってみれば骨盤帯に捻じれる負荷が継続的にかかった状態です。上記までの鍼治療によって、多くの場合には仙腸関節の動きは正常化しますが、捻じれの負荷があまりに大きくかかっている場合には、鍼のみでは効果が薄い場合があります。

そのような仙腸関節面のロックの状態が強固な場合には、鍼治療の追加的アプローチとして、SOTブロックと呼ばれる特殊な治療器具を使います。
SOTブロックこれがSOTブロックと呼ばれる治療器具になります。SOTとはカイロプラクティックの一流派による治療テクニックで、拗れた仙腸関節障害にはSOTブロックを使用するとロックされた状態を解除しやすくなります。
原理は単純なものですが、仙腸関節の特徴を捉えた実に理に適った治療法です。大きく分けて3つの使用法に分かれます。ここではカテゴリー3と呼ばれる使用法を紹介します。
SOTブロック・カテゴリー2うつぶせの状態で骨盤の捻じれの方向を考慮し、上前腸骨棘と呼ばれる部位と、大腿骨大転子と呼ばれる部位に左右の互い違いに骨盤の下にブロックを挿入します。挿入にはいくつかのルールがあり、単純なようですが正確性を要します。
治療原理は、骨盤帯の捻じれの方向と逆方向の負荷を患者さんの自重を利用し、適切な方向へ誘導することにあります。殆どの場合には鍼治療のみで仙腸関節の動きを正常化できますが、こじれた状態に対しては場合によってSOTブロックが必要になります。

仙腸関節性腰痛 / まとめ

3つの重要な治療ポイントを整理すると
  • 仙腸関節の働きを正常化する必要がある
  • 関節静的反射が起こったインナーマッスルまで含めた筋肉を治療する
  • 靭帯も治療対象である
あなたの症状が仙腸関節性腰痛に当てはまるようでしたら、上記の3点を同時に治療する必要があります。
あなたをサポートします
鍼灸いちご治療院
東京都江戸川区北小岩6-35-19
03-5876-8989
↑ クリックで治療院案内へ
  • はてなブックマークに追加
  • 仙腸関節性腰痛の原因、症状、治療法
 

バナースペース

関連情報

サイト運営者
鍼灸いちご治療院
鍼灸いちご治療院

〒133-0051
東京都江戸川区北小岩6-35-19
TEL 03-5876-8989