本文へスキップ

腰痛を治すために必要なこと

鍼灸いちご治療院 TEL.03-5876-8989

〒133-0051 東京都江戸川区北小岩6-35-19


  • はてなブックマークに追加
  • 大変危険なぎっくり腰類似症状
命にもかかわる腰の痛み

大動脈解離による腰痛

大動脈解剖図
大動脈解離は急激に発症する激しい腰背部痛が起こる事があり、ぎっくり腰と勘違いされる事もあります。

このページの情報が、あなたにとって有益な情報となれば幸いです。



大動脈解離による背中の痛みや腰の痛みは危険な状態です。

ぎっくり腰
というページを設けています。他の急性腰痛と症状の比較をしてみてください。
腰痛の男性

腰痛解消グッズ BEST10

コストパフォーマンスに優れた
効果的な腰痛解消グッズ
BEST 10を紹介しています。

腰痛解消グッズ

腹部大動脈瘤・大動脈解離の症状・原因・治療

【大動脈解離】
大動脈解離では以下のような症状がみられます。

  • 突然の激烈な胸部痛60〜65%・背部痛80%が起こります。
  • ぎっくり腰との重要な違いは、身動きを全くしない安静状態でも激しい痛みが続くことです。

上記の症状は、動脈壁の解離が進行するのに併せ前胸部→背部→背部下方に激烈な痛みが移動する事が少なくありません。

大動脈は内膜・中膜・外膜から成り立ちます。大動脈解離は大動脈壁の内膜に亀裂が生じ、真ん中の層に血液が流入し血管壁が引き裂かれる状態です。
60歳以上の高齢男性に発症しやすく、10万人に4〜5人ほどの発症頻度と推定されます。

亀裂が起きた部分によって緊急手術か保存療法かに分かれます。
予後は極めて不良で、発症48時間以内の死亡率は50%を超えます。



【腹部大動脈瘤】

大動脈瘤は胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤に大別されます。腹部大動脈瘤の方が発症頻度が高く、
胸部大動脈瘤の約2倍の発症頻度です。

正常大動脈の直径よりも1.5倍以上拡大してこぶ状になったものを大動脈瘤とする、と定義されています。

腹部大動脈瘤の男女発症比は男性4:女性1と推定されています。65歳以上の男性では2〜3%にみられます。

主な原因は動脈硬化で、喫煙が最大の危険因子です。他、高血圧、肥満、糖尿。

大動脈瘤の多くは初期には無症状です。大動脈瘤が拡大すると周囲の組織が圧迫され、そのことにより痛みが起こる事があります。

血管壁が血圧に耐えきれなくなると大動脈瘤が破裂する事があります。

直径4cm以下の大動脈瘤が破裂する確率は2%以下。直径5cm以上の大動脈瘤は2年以内に22%の確率で破裂すると推定され、半年で5mm以上直径が大きくなった場合には15〜20%の確率で破裂するリスクがあります。

破裂直前には突然の激烈な痛みが腰部や腹部に起こります。破裂後は急激に血圧が低下し、出血性ショックで意識を失います。破裂した場合の死亡率は40〜50%と推定されます。

治療は降圧剤で血圧を120mmHg以下に下げ、コレステロール値と中性脂肪値を適正に保つ薬剤が処方されます。

大動脈瘤が大きな重症例では手術による人工血管置換術が行われる事があります。




鍼灸いちご治療院
東京都江戸川区北小岩6-35-19
03-5876-8989


↑ クリックで治療院案内へ


  • はてなブックマークに追加
  • 大変危険なぎっくり腰に類似した症状

ページトップへ戻る

バナースペース


Link collection

site map


関連情報







人気の記事





サイト運営者
鍼灸いちご治療院
鍼灸いちご治療院

〒133-0051
東京都江戸川区北小岩6-35-19
TEL 03-5876-8989